南浦和 なかむら歯科クリニック院長のブログ

urawadc.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:歯科関連の話題( 9 )

噛まないあなたは損してる

e0161422_7162045.jpg
 南浦和の歯科 なかむら歯科クリニックの中村です。こんにちは。

 昨日のテレビ東京の”たけしの日本のミカタ”という番組で、”噛まないあなたは損してる”という内容で噛むことの重要性を取り上げていました。

 戦前に比べ、1回の食事平均の噛む回数が半分以下に減っている現代。噛む回数が減ったことで顎が小さくなり歯並びが悪くなったり、歯周病や虫歯になりやすい、肩こり・腰痛が起こりやすいなどといわれてきましたが、記憶力の低下や老化の促進などにも大きな弊害が身体に起こっているそうです。

 噛む回数を増やすためには、食材を大きく切るようにしたり、歯ごたえのいい食材を混ぜるようにするといいとのことでした。

 私もどちらかといえば早食いのほうなので、よく噛むように気をつけなくては・・・。

 南浦和の歯科(歯医者) なかむら歯科クリニックホームページへ
   さいたま市南区文蔵2-4-15
    048-762-3855

[PR]
by nakamuradc | 2011-02-26 07:31 | 歯科関連の話題

虫歯酵素 立体構造を解明

南浦和の歯科 なかむら歯科クリニックの中村です。こんにちは。

今日の読売新聞に、虫歯酵素のお話が出ていましたね。以下はネットにのっていた記事からの引用です。

~~~~~~~~虫歯酵素、立体構造を解明=予防物質開発に期待―静岡県立大など(共同通信)~~~~~~~~~~

静岡県立大や京都大などの研究チームは、虫歯の原因となる酵素の立体構造を分子レベルで解明した。構造情報を基に、酵素の働きを抑える虫歯予防物質の開発が期待できるという。研究成果は、米科学誌の電子版に近く掲載される。
 虫歯は日本人の約9割がかかる身近な生活習慣病の一つで、長期間放置すると敗血症から死亡する例もある。口腔(こうくう)内の細菌が作る酵素「グルカンスクラーゼ」が、口に入った砂糖からグルカンという糖を作り、この糖が他の細菌を巻き込んで虫歯の原因の歯垢(プラーク)を作り出している。
 この酵素の働きを抑えれば虫歯の発症リスクが減り、緑茶に含まれるカテキンなどに抑制効果があるとされてきたが、より効果的に抑制するには酵素の分子レベルでの解明が不可欠だった。
 研究チームは、この酵素を結晶化し、規則的に並べた上でX線を当てて結晶内部の配列を特定、立体構造を解明した。またグルカンが合成される際に、酵素が分子レベルでどう働くかも分かったという。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

もっと詳しくは 京都大学ホームページへ

最先端の研究はすごいですね。虫歯が予防できる物質が解明されるといいですね。

南浦和の歯科(歯医者) なかむら歯科クリニックホームページへ
   さいたま市南区文蔵2-4-15
    048-762-3855

[PR]
by nakamuradc | 2011-02-18 19:29 | 歯科関連の話題

歯と認知症

南浦和の歯科 なかむら歯科クリニックの中村です。こんにちは。

以下は新聞にのっていた記事です。

~~~~~~歯の悪い高齢者、認知症になる可能性2倍近く(読売新聞)~~~~~~~~~~~~~~~
65歳以上で自分の歯がほとんどなく、入れ歯を使っていない人は、歯が20本以上残っている人に比べ、介護が必要な認知症になる可能性が1・9倍高くなることが、厚生労働省研究班(主任研究員=近藤克則・日本福祉大教授)の調査でわかった。

 愛知県の65歳以上の4425人を対象に2003年から4年間、アンケートを実施。この間、介護が必要な認知症を発症した割合は、歯が20本以上残っている人は2・9%。一方、歯がほとんどなく、入れ歯を使っている人は7・3%、歯がほとんどなく、入れ歯も使わない人は11・5%に上った。

 年齢の違いや持病の影響を考慮して計算した結果、自分の歯がほとんどなく、入れ歯を使っていない人が認知症になるリスクは、歯が20本以上残っている人に比べ1・9倍高かった。食べ物を「あまりかめない」と答えた人の場合も「何でもかめる」と答えた人より1・5倍高かった。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最近、歯と全身の関わりについて、新聞、テレビなどで取り上げられていることも多いです。お口の健康と全身の健康は密接に関わっています。歯を大切にして、健康でありたいですね。

南浦和の歯科(歯医者) なかむら歯科クリニックホームページへ
   さいたま市南区文蔵2-4-15
    048-762-3855

[PR]
by nakamuradc | 2011-01-26 19:59 | 歯科関連の話題

iタウンページ

e0161422_14391317.jpg 
 南浦和の歯科 なかむら歯科クリニックの中村です。こんにちは。

 今朝テレビを見ていたら、”iタウンページで歯医者をさがそう”という宣伝をやっていました。”巨人の星”の星一徹が出ているのですが、思わず笑ってしまいました。ホームページに動画がのっていたので、ご興味あるかたはどうぞ。

 iタウンページのホームページへ

 名前の呼び間違えはいけませんね・・・。

 南浦和の歯科(歯医者) なかむら歯科クリニックホームページへ
   さいたま市南区文蔵2-4-15
    048-762-3855

[PR]
by nakamuradc | 2011-01-19 16:01 | 歯科関連の話題

祝い歯ブラシ

e0161422_15545262.jpg
 南浦和の歯科 なかむら歯科クリニックの中村です。こんにちは。

 12月もあっという間にもう21日です。あと10日ほどで今年も終わってしまいますね。時間がたつのが本当に早く感じます。

 昨日の読売新聞に、”お正月には祝い歯ブラシを”というサンスターの広告がのっていました。
 
 サンスターのホームページを見ると、  ”祝い歯ブラシ”  とは、

 お正月、最初のお食事(おせち)を食べる時、家族分の「祝い箸(ばし)」を用意するのが日本の昔ながらの伝統。ちなみにこの祝い箸、一年の幸せを願って神様と一緒にごちそうをいただく、という意味があるのだそうです。「祝い歯ブラシ」とは、この祝い箸の習慣にちなんだもの。
 新しいお箸で食事をいただいた後は、新しい歯ブラシで、家族そろって気持ちよく新年最初の歯磨きを!
あなたとあなたの家族のお口の健康が、1年間ずっと続きますように・・・。

 とのことです。新年最初の歯ブラシはやはり新しい歯ブラシで気持ちよく行いたいですね。

 広告には、Wコロンの謎かけがのっていました。

 ”祝い歯ブラシ” とかけまして・・・・

 ととのいました。

 ”祝い歯ブラシ” とかけまして ”名女優” と解きます。  その心は?・・・

 どちらも縁起(演技)がいいでしょう   だそうです。

 いつも思いますが、うまい謎かけですね。サンスターのホームページに歯ブラシに関する謎かけがたくさんのっていたので、ご興味のある方はご覧になってみてください。

 サンスターホームページへ

 南浦和の歯科(歯医者) なかむら歯科クリニックホームページへ
   さいたま市南区文蔵2-4-15
    048-762-3855

[PR]
by nakamuradc | 2010-12-21 20:23 | 歯科関連の話題

インフルエンザ予防

e0161422_1255359.gif
 南浦和の歯科 なかむら歯科クリニックの中村です。こんにちは。

 以下は、昨日インターネットでみつけたインフルエンザ予防に関する記事です。


~~~~~口内ケアでインフル退治 小学校や病院で取り組み拡大(産経新聞)~~~~~~~~~~~~~~~

 インフルエンザ予防には口内ケアが有効との考えが広がり、学校や病院、企業が口内ケアへの取り組みを活発化させている。各地の学校や病院では、歯磨きなどで口内の細菌の活動を抑え、インフルエンザ感染を防ごうとする活動を実施。一方、口内ケアによるインフルエンザ対策市場への参入を模索する企業も出てきた。うがいや手洗い、予防接種など従来の対策に口内ケアを組み合わせれば、インフルエンザはもう怖くない?

  ◆学級閉鎖が減る

 東京都杉並区は今夏、区立小学校5校に洗面台を増設した。インフルエンザシーズンに備え、歯磨きしやすい環境を整えるためだ。

 この試みは“成功体験”に基づいている。杉並区は昨年も区立小2校に洗面台を増設、歯磨きを促進する活動を行った。その結果、インフルエンザによる学級閉鎖率(全クラス数に対する学級閉鎖になったクラスの延べ数の割合)がこの2校は平均約45%にとどまった。他の41校は同79・6%だった。

 杉並区は「歯磨き促進とインフルエンザ減少の因果関係はまだ実証されていないが、一定の効果はあると考えている」とし、今後も残る区立小への増設を進める方針という。

 高齢者向け施設でも同様の試みが行われている。

 愛媛県の病院「久保内科循環器科」(大洲(おおず)市)は昨冬から、デイケア利用者と入院患者を対象に口内ケアを取り入れた。同病院は「インフルエンザや肺炎の予防につながってほしい」と期待を込める。

 こうした口内ケアを推進する取り組みは近年、全国の学校や介護施設で一般的になってきており、今後も拡大していく見通しだ。

 (中略)

 ■細菌減少→感染予防に効果

 口内ケアがインフルエンザ対策に有効との認識が広まったきっかけは、平成18年に東京歯科大の奥田克爾(かつじ)教授(当時)=口腔(こうくう)細菌学=らが発表した論文「口腔ケアによる細菌性酵素活性の減少とインフルエンザの感染予防」だ。介護施設の高齢者を対象に、口内ケアを実施した98人と、実施しない92人のインフルエンザ発症を調査。後者の発症が9人だったのに対し、前者の発症は1人だけだった。

 口やのどに存在する細菌はプロテアーゼやノイラミニダーゼなどの酵素を生産する。プロテアーゼは口やのどの粘膜を守る層を破壊し、ウイルス感染しやすくする。ノイラミニダーゼはウイルスの細胞から細胞への感染を助長する。口内ケアで、これらの酵素を生産する細菌を減らすことができるという。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 インフルエンザ予防の基本は、手洗い、うがいと免疫力アップですが、口腔ケアをすることで予防効果が高まるといった報告もあるようです。これからインフルエンザが心配される季節ですが、手洗い、うがいに加えてブラッシングも頑張りましょう。

 南浦和の歯科(歯医者) なかむら歯科クリニックホームページへ
   さいたま市南区文蔵2-4-15
    048-762-3855


 
[PR]
by nakamuradc | 2010-12-08 13:17 | 歯科関連の話題

獣医ドリトル

e0161422_14243829.jpg
 南浦和の歯科 なかむら歯科クリニックの中村です。こんにちは。

 ただいま発売中のビッグコミックにのっている獣医ドリトルは、心臓に疾患を持った猫に対する虫歯治療のお話でした。大変興味深く読ませてもらいました。今ドラマでも放送しているみたいなので、動物の歯に関する話題がないか気になるところです。

 以前、患者さんに獣医さんがいらっしゃったんですが、犬や猫の歯石をとる機械が当院で使ってるものと同じメーカーで、獣医さんにも評判がいいと聞いたことがあります。犬や猫の歯石は麻酔をしてとるそうです。大変そうですね。

 南浦和の歯科(歯医者) なかむら歯科クリニックホームページへ
   さいたま市南区文蔵2-4-15
    048-762-3855

[PR]
by nakamuradc | 2010-10-30 14:36 | 歯科関連の話題

ドライマウス

南浦和の歯科 なかむら歯科クリニックの中村です。こんにちは。
以下はインターネットのドライマウスに関する記事からの引用です。

~~~ドライマウス 若い女性に急増!? ストレスや生活習慣影響?~~~  

唾液(だえき)の分泌量が減って口の中が乾いた状態になる「ドライマウス(口腔(こうくう)乾燥症)」。
「舌が痛い」「口の中がネバネバする」など不快な症状を伴うだけでなく、慢性化すると会話や食事など日常生活に支障をきたすケースも少なくない。従来は中高年女性に多くみられたが、最近は若い女性の発症も増えている。

  ドライマウスは軽度の場合、口の中が粘るような不快感がある。乾きが進むと舌の表面のひび割れや痛みを伴う。さらに、舌がもつれてしゃべりにくい、食べ物が飲み込みにくいといった症状や、味覚障害を引き起こすこともある。

 また、口の中を清潔に保ち細菌感染を防ぐ働きをする唾液が少なくなると、口臭が強くなり、虫歯や歯周病、口内炎にかかりやすくなるという。ドライマウスの原因は加齢やストレス、生活習慣、薬の副作用、自己免疫疾患のシェーグレン症候群などさまざま。患者の大半は50~70代の女性で、「更年期以降の女性は女性ホルモンの減少や自律神経の乱れで、唾液の分泌量が男性に比べて急激に低下する傾向がある」と指摘する。

 ところがここ数年、目立つのが40代以下の若い女性患者だ。受診者の3人に1人に上り、20代で発症する人も。「不規則な生活や仕事によるストレスが原因と考えられる。特に若い女性は口臭を気にして受診したらドライマウスだったというケースも増えている」

 ■他人のも、自分のも気になる「口臭」  20~50歳代の男女800人を対象にした江崎グリコの調査(今年5月)によると、気になるニオイのトップは「口臭」(約8割)。他人のニオイで気になるのは「口臭」「汗臭さ」「たばこ」で、自分のニオイで気をつけているのは「口臭」「汗臭さ」「足・靴下」の順だった。

 また、20代女性の約半数は自分の口臭原因のトップに舌苔(ぜったい)を挙げ、全体でも3人に1人が口臭の原因と考えている。ドライマウスになると、口の中の汚れが舌に付着して舌苔が増えやすい。口臭予防のため、舌苔を除去する専用ドロップやタブレットなど市販のケア製品も増えている。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

唾液は、健康を守っていく上で、とても重要です。お口がかわきやすいなと感じたら、早めに歯科を受診するようにしましょう。

南浦和の歯科 なかむら歯科クリニックホームページへ
[PR]
by nakamuradc | 2009-09-29 19:48 | 歯科関連の話題

歯の治療、本当は「行きたい」が過半数

南浦和の歯科 なかむら歯科クリニックの中村です。こんにちは。
以下はネットでみつけた記事です。

”歯の治療、本当は「行きたい」が過半数”
2月5日13時46分配信 医療介護CBニュース

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 現在は歯の治療を受けていない人の過半数が、実際には歯科医院に「行きたいと考えている」ことが、ネットマーケティング会社アイシェアの意識調査から分かった。治療に行きたくても行かない理由としては、「行くのが面倒」「仕事が忙しい」「お金がかかる」などが多かった。

 意識調査は、同社の無料メール転送サービスの会員を対象に1月14-17日にかけて実施し、468人が有効回答した。

 現在、歯の治療を受けていない426人に、歯科医院に行きたいと考えているかどうかを聞いた質問には、全体の43.7%に当たる186人が「行きたいと考えている」と回答し、「行きたくない」と答えたのは146人(34.3%)だった。これ以外に、「最近治療が終わったので行きたいと思わない」との回答が94人(22.1%)あり、これを除くと、治療を受けていない人の過半数が本当は歯科医院に行きたいと考えていたことになる。
 歯科医院に行きたいと考える人の割合は、男性(37.5%)よりも女性(50.5%)で高く、年代別では40歳代(47.8%)、30歳代(46.0%)、20歳代(38.8%)などの順だった。

 歯の治療を受けたいのに歯科医院に行かない理由(複数回答)としては、「行くのが面倒だから」が49.5%で最多。これ以外では「仕事が忙しいから」47.1%、「お金がかかるから」23.1%などが多かった。「歯科医院・治療が怖いから」も10.2%あった。
 また、歯科医院に通う場合の希望時間帯(複数回答、治療中の人は実際の通院時間帯)は、「仕事帰り」39.5%、「休日」31.0%、「午前中」27.6%などの順だった。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 歯の治療を受けたいのに歯科医院に行かない理由としては、「行くのが面倒だから」が49.5%で最多とのこと。お痛みが出る前の早めの受診は患者さんにもメリットが大きいので、歯科医院も、”行くのが面倒”と思われないように、いろいろな配慮が必要ですね。

 とかく歯科医院は、”できれば行きたくない”ところと思われがちですが、そういったイメージをなくせるように日々努力をしていきたいと思います。

 南浦和の歯科 なかむら歯科クリニックホームページへ
[PR]
by nakamuradc | 2009-02-07 01:01 | 歯科関連の話題